スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャックの天敵また一人。 

娘の風邪が治って鼻水が透明になった。はあ一息。
と、思ったら、ダンナサンが風邪をぶり返して、またも風邪菌帰ってきたぁ
おいおいおい、会社かどっかに置いて来てくれればいいのに、ご丁寧に持って帰ってきた。
そろそろ忘年会シーズンで、風邪ひいても飲みに行くので治らないんだ、これが。
ずっと誰かが風邪ひいてるので、ダンナサンがつらそうでも、あまり気にならなくなってしまった。家族で最後に風邪ひく人って損ね。

娘の風邪も一段落したので、ジャック友で、このたびママ友にもなったアスティの飼い主さんのsayakaさんの赤ちゃんに会いに行ったのです。
s-P1030299.jpg
こんにちわ 赤ちゃん

新生児の赤ちゃん・・もう・・・羽根のような軽さ!!ここ、こんなに軽かったっけ?こんなにやわかったっけ?こんなに小さかったっけ?
壊れそうで触れない!
sayakaさんから抱っこしてあげて、ってずずっと渡されて抱っこするものの、抱いたままの形に固まっちゃって、そこから動けない。
抱いて顔を見ると、もう、かわいくてかわいくて。自分の子でない赤ちゃんってこんなに、ただただ、かわいいのね・・
娘のときは、こんな無心で「かわいい」というのはなくって、母だから、ミルクやおむつの心配とか考えることがあって、ただ「かわいいなぁ」と思う時間ってあまりなかったような。

お、君がジャックと兄弟の会の新メンバーか!
s-P1030099.jpg
ジャック遊ぼうね。ウヒヒ。

赤ちゃんの小ささにまごまごしてた私達を横に、sayakaさんは赤ちゃんのワキの下に手を入れて手で頭を支えて縦に抱っこするのを見て、やっぱ、お母さんってすっげえなぁと母の強さを感じちゃった。
って、私も母か・・
娘はけっこう乱雑に扱えれたけど、あれは自分の子だからできたんだね・・っと、一緒にいったママさんと深くうなずく。

そこの病院、託児ルームがついてたので、総合病院の大部屋のイメージでいた私(私もこの前入院したダンナサンもそうだったんで)は、娘がいると歩きたがってうるさくなるだろうから、その託児ルームに預けて病室に行ったんですけどね、
なんと、病室に行ってみたらホテルのようなお部屋でオドロキモモノキ!!
お風呂もトイレもホテルのようですっごいきれい。
大部屋なんてないんだって。個室しかないんだって。個人病院はサービスがいいとは聞いてたけど、こんなに違うとは!
広い個室だったので、娘は託児ルームに迎えに行ったわよ。
母は知らなかった。こんな素敵な病院があるなんて。
s-P1030192.jpg
情報収集が甘いよ

これまた一緒に行ったママさんと「決めた!次はここで産む!」と予定もないのに、決意。
やっぱり、その分お値段もきちんとお高めなので、そのために、お金をコツコツ貯めようよ、と赤ちゃんとは関係ない部分でも、決意。

コメント

りょうさんへ
 かわいかったねえ!
 ちょっと赤ちゃん欲しくなっちゃったな~

 赤ちゃんは泣いて当たり前だもん。あかねも、ギャアギャア毎日うるさいよ。
 また遊ぼうね♪

今日はお疲れ様でした☆
息子が予想外にぐずり始めたので早々と退散しましたが、今度はゆっくり遊んでね!

赤ちゃんかわいかったね!
本当、羽のように軽くて、新生児室覗いて、産まれたばかりの赤ちゃんってこんなにか細い声だったな。とか思い出すこといっぱいだったね!

また、sayakaさんが退院して落ち着いたら集合しましょう☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayanosuke0121.blog69.fc2.com/tb.php/260-3e8abfbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。