スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、なるほどね。 

お腹の子がいやに元気で末恐ろしい・・
と書きましたが、
そりゃそうだ、
だって、検診行ったら、
男の子だったもの。

喜ぶダンナサンになんか複雑な私。男の子って・・・まだ私には未知で・・・

つか、お宮参りの白いドレスも、新生児の冬のあったかい赤のおくるみも、あの服もこの服もかわいいブーツも赤いレインブーツも、あれもこれも!!
使いまわせないのか!!新調なのか!!
ベビーカー、赤なんですけど、買い替えなのか?!
う・・財布が痛い・・・

なんてね。これは今のところ、順調だと言われているから、言えることだけどね。
まあ、元気にやって来てくれればそれでいいのだ。
いいんだけどさ。

で、だいぶ前ですけど、マザー牧場に行ってみた日。
でも、今はもう行きたくない、こんな暑くなってきたらムリー
アタシも一緒。
s-マザー牧場

入って、すぐの、巨大迷路で「娘チャンこれやりたい!!」と言われ突入した、父と娘。
母と犬は、日陰でお休みね。
30分くらいで出てきたけど、すでにダンナサン疲労困憊。
ほぼ、抱っこで、制覇してきたらしいよ。お疲れさま・・・・
ソフトクリーム食べてビール飲んで「もう帰ってもいいよ、俺は・・」と言うのを
まぁまぁ、ここまで来たんだから、と
ぶらぶらドッグランまで行って、帰って来ましたとさ。

ああ、書けばこれだけなのに、けっこう長くいましたよ、
娘ちゃん疲れた~ビエーーー
s-マザー牧場 (5)
ってぐずるのを、なんとか歩かせたり、

ミニブタレースに釘付けになってるのを待ってたり、でっかいブタに手を食べられて泣いたのをあやしたり、
ああだこうだしながら。
涼しければ子連れ犬連れにはいいとこだね。
s-マザー牧場 (7)
奥の方に行くと、ひろーーーい芝生があって、
涼しければ(しつこい?だって暑いの、今・・エアコン壊れててさ。)お弁当持ってのんびりしたかったな。

スポンサーサイト

楽なのか大変なのか 

娘の子分、さすが、娘の子分です
めちゃんこ元気でいつでも、ご飯食べても運転しても小町と遊んでも、動きまくりで、
お腹に抱えている身にはなんだか・・・疲れるなあ
娘のときより元気よ。ああコワイコワイ。
ダンナサンに「すみません、あなたの子が私を蹴ってきます。なんとか言ってくださいよ」と八つ当たり。

だんだん暑くなってきましたねー
今年もコンガリ焼けるよね、きっとね。ママさんの足って、クロックスかペタンコ靴焼け多いんだよね
ここで一句、
鏡見て、浅黒さにびびる、母だけど女心。

最近のお散歩スタイルは
s-散歩 (2)
こういうんで。
いいんじゃない?いいんじゃない?
娘は自分でこぐから、散歩が楽になる~♪

自転車がお気に入りで、朝、エレベーターまでお父さんを見送りにもこれ。(だいたい、モタモタと出遅れてお父さんはもう行っちゃってる)
ゴミ出しに行くにもこれ。
郵便受け見に行くにもこれ。
買い物に行くにも、車に乗るにも、のりたがりーの。

友達のママさんのママチャリについて走り去って行っちゃったり、坂を高速で降りて行ったりと
好き放題やっております
もうたまんないんでしょうね
この自由感がね!!
s-散歩
野性児に自転車。鬼に金棒!!文句アッカ!

まあこんな野性児でも、疲れるときがくるの
「ママぁ、抱っこしてぇ」とかね。
え?自転車もあるし小町もいるのに、抱っこ?
「抱っこはしないよ」って約束してきたでしょ?無理だよー!
って断ると路上に座り込んで動きません
「疲れたの・・娘ちゃん休んでるの・・・」15分ほどすると乗って、またちょっと行くと座って休む。
ああ、家が遠い・・・暑い・・・イライライライラ

なので、一見、いいアイディアかと思った散歩スタイルも、びみょーで。
s-散歩 (3)

これから、暑くなると、お散歩タイムも朝早くないとね~
ダニもつくから、草むらも気になるし、虫に刺されるのも嫌だし(飼い主が)何かと大変な時期になりましたねー

娘と父 

こんにちわこんにちわ
娘さん3歳まじかになって、もはや、癇癪の塊でございます

朝から、「ママは起きちゃだめーー」なんで?朝なのに。「髪の毛結んじゃダメーー」暑いんだけど。
「このズボンはきたくないーーーこれ(お出かけ用一張羅)がいいーーー」公園にそれを着ていけるかっ!
朝から晩までイチからジュウまで、ピンからキリまで。

これいつまで?
ダンナサンが「いい加減にしなさい!」と怒ると効きます。
あんまりやるとかわいそうだけど、疲れたときは頼む・・。

ある朝、ダンナサンを起こして
娘が「ねえパパ~、話したいことがあるんだけど~」 なに?
「娘ちゃんねぇ、おなかに赤ちゃんがいるんだけど~」
なに?!

ある週末、母は美容院へ父は動物園へ。
ゴリラ見て~
s-ueno.jpg
猿見て~
s-ueno (5)
アイス食べて~
s-ueno (4)
とても楽しかったようです。
でも、娘が、ゾウを見ている人達のお尻を、ポンポンポンと叩いて回った時は、知らない人のフリをしたそうだ。
あと、3回ほど、娘の姿を見失ってマジで「誘拐されたか?!」と思ったそうだ。


ダンナサンの自慢してきた、珍しい写真、だそうよ。
s-ueno (6)
シロクマの足だよーん
暑い日だったのだ
s-ueno (7)
ハア暑い暑い・・

妊婦だからですか、家族で一人だけ暑がってます。
それか肉が増えたからか。

いつまで続くの・・もしやずっと・・・? 

私、コンタクト着用者なので、
朝ごはんの用意もできたし、さあ、と、メガネからコンタクトに替えたら、

メガネはずしちゃダメーーーーー!!

と激怒される。
はい?

ハイ、癇癪モードはいりまーす! いらっしゃいませー!(柳原カナコ風にね)

パン食べちゃダメーーー(私のパンなのに・・)
新聞読んじゃダメーー
小町さわっちゃダメーーー
こっち向いて--
抱っこしてーーー

朝から何なの・・・いいから黙って目の前の自分のパンを食べなさいって!!
もうコンタクトにしちゃったからメガネはできないってばーー
もーうるっさいなぁ・・・じゃあ、ちょっとだけメガネしてあげる。それでいい?いいね?
ハイッ!

目をつぶっちゃダメーー!!

・・ダメか・・・

ダンナサンはささっと自分のご飯食べて、逃げた!
賢いね!こういうのは、言われた人が最後まで対応するのが、暗黙のルール。
関係ないほうはさっさと姿を消す方がいいさ。巻き添えくらう前に。
下手に「どうしたんだ?」なんて手を出すと
あっちいってーーーーパパいやーーーきいいいい
ケンモホロロですからね。

癇癪スイッチはいつ入るかわからないから気をつけるんだ!
少なくなったけどねえ・・これでも・・・
「んー癇癪ってないなぁ・・・」と同じ年頃の女の子のお母さんに言われたときのショックといったら!!
なんでだ!
とにかく腕白だったというダンナサンと、とにかく連れて歩くのが面倒な子だったという私の遺伝か、
遺伝なのか・・・

「なんでそんななの?」
聞いてみた。
んーーー
s-P1040427.jpg

雨だからじゃないっ?
s-P1040425.jpg
わかってないし。

今朝の癇癪は、「きょうのわんこ」始まったら収まった。
始まり唐突なら、終わりも唐突。

どんとこい首都高 


お江戸に来たで~
うなママの一声で、小町一家、しっぽ振って遊びに行ってきた。
また都内横断の運転か・・・
と、緊張でお腹ゆるくなって。でも、ちょうど、妊婦特有の便秘が治って、あらラッキー♪

無事着いた、けど、駐車場で車のおしりのバンパー傷つけた。
あーもういいや、知らないふりだ。
ダンナサンが、今日「なんか車の後ろまた傷ついてんだけどな・・」てつぶやいてたけど聞こえないフリ。
もうさ、四隅、傷ついてるから。全部わたし。もう、事故らないだけいいって心境。
ヨーロッパではさ、バンパーは車体を守るためにぶつけてもいい場所らしいじゃん。

で、キャバリアのアリスちゃんも合流!
s-P1040485.jpg
三者三様。そこがいいのよ。

なんでだろう、大好きうなちゃんとは、ガウガウも言わずに(ときどきするけど)プロレスできる。
アリスちゃんには、ほぼ・・・スルー・・
なんで、ドッグランとかだと、ガウっちゃうのかね?

お弁当食べながら、思う存分、ピーチクパーチクして、
うなママ家からてくてくと散歩して、素敵な公園まで。
ちょい緑色の池をのぞきこんで、何やら、家には持って帰って来て欲しくないかも的なものを、膝を泥だらけにして顔突っ込んで探している男の子達とか、
裸足で水掛け合ってる女の子達とか、
都会の真ん中で会えるとは思えなかったよ。うれしいねえ。

娘は、おにいちゃんの網が欲しいと、主張してたけど、それはできないね。
あと、トイレに行きたいのに、めんどくさいのか「行かない!」と言ってたら
裸足になって水に入ったとたん、「チッチした・・・」て。
なので、ノーパン。
s-P1040491.jpg
ナイショね。

うなママの娘さんの大学生のK子ちゃんがねえ、母達がしゃべり込んでる間じゅう、娘と遊んでくれて・・
私は、もうその開放感がたまらなかったありがとーーー!
で、「江戸にいるうちにまた来るね!!」って言って帰りました。
別れ際には、
「ママはあっち行って!!」って言って、娘も、うなママに着いて行こうとしたくらい楽しかったようよ。

ほんと小町一家のオアシスなのよ~
s-P1040478.jpg

あらすじまったく覚えてない 

つづき、のその前に、
ラーメン2杯食べたこの日の夕飯に、最近いろいろと使いこんでいて今更だけどやpp節約大事よねってことで、
朝にカレーを作ってきていたので、もちろん夕飯はカレー。
で、次の日、「夕飯何にしよう・・」て悩んでたら
ダンナサン「昨日のカレーでいいじゃん」

ああ!!この人と結婚してよかった・・・!
と心から。
結婚をよかったと思うのはけっこうこういう瞬間・・・私だけ?

悲劇はさ・・・
映画館でさ、やっぱり大人しくなんてできなくてね、
できるわけないんだ2歳児が映画館で。
どうしても映画を見たかったら連れてきちゃったバカ親がいけないんだ。

とうとう階段登ったりしゃべったりし出して、ダンナサンがそれを見て見ぬふりするからさ。
イラっともきてた。
で、私なら映画ってのは静かに見たいし子供がウロウロしたりするのは私なら嫌だ、と
娘に外に連れ出して、もう外で終わるまで遊んでようと思ったんだけど、
「パパんとこ戻るーーーーー」ってギャン泣きで、それもイラっときて、
「いい子にできるの?静かに座って見れるの?もしもう一回歩いたりしゃべったらもうオシマイだから。」って何度も念を押して、
とりあえず席に戻るか、と戻ったら・・(この何度も出たり入ったりもうっとおしいよね)
映画館て暗いから。
転んで、目の上切りました、とざくーっと
s-P1040470.jpg
もう治りかけ、写真は。
びびりましたよ、親は・・ヒーーー目から血!!って思ったもの。
でも落ち着いて見ると、まぶたを浅く切ってただけだったので、大丈夫かと、
1日様子見て次の日、小児科に行ってみればいいかと思ったけど、
神経質心配症ダンナサンがおっしゃるので、眼科のいる救急外来探して行ったわ。
問題なかったけど。

そんなわけでした。
映画に子供連れてくなんてやっぱり非常識だと深く反省も。
ガマンガマン・・・

そうそう、コマザワワーメンの後、ずっと行ってみたかった駒沢のジョージにも行ったんだ。
夏に向けての装備を・・
s-P1040496.jpg
なんていうのかしら、ライフガード?浮き輪?
これをつけると、小町が固まります。で、娘はハンドルを持って小町を引きずりまわします。
この後の苦行を感じ取った小町の顔があわれ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。